エイジングケアの基本は紫外線対策とコラーゲン補給

肌の老化現象を遅らせよう

セピア色のクラシックカーの写真年を重ねるごとに肌のハリや潤いが失われていき、シミやシワたるみなどといった肌の老化現象があらわれてきます。特にお肌の曲がり角と言われる25歳を過ぎると肌に様々なトラブルがあらわれる傾向にあります。
このような肌の老化現象は誰にでも平等に訪れることですが、対策次第では老化現象があらわれるスピードを遅らせること、そしてあらわれてしまった肌の老化現象を改善することも十分に可能です。

肌の老化対策は紫外線とコラーゲン

それでは肌の老化現象があられるスピードを遅らせる対策、改善方法について説明します。
肌の老化のスピードを遅らせる、改善させるためのポイントは紫外線と保湿にあります。

紫外線対策の基本はUVケア

紫外線に関しては日差しの強い時期だけでなく曇りの日も雪の日も1年中降り注いでいますので、紫外線対策も1年中必要となります。そして外出時のみならず家の中にいても窓ガラスから紫外線は入り込んできます。外出時は日焼け止めのクリームや日傘、UVカット効果のある衣類の着用などが有効です。家の中での紫外線対策は遮光カーテンの使用や窓ガラスをUVカット効果のある窓ガラスにするかUVカット効果のあるフィルムを貼るだけでも効果が期待できます。

保湿の基本は乾燥肌対策

続いて保湿対策ですが肌の乾燥は主に秋〜冬の時期とされていました。しかし最近では空調設備が整っている施設が多く紫外線同様に季節関係なく1年中肌が乾燥しやすい環境にあります。
そのため使用するスキンケアや化粧品などは保湿効果のある成分が配合されている商品を使用します。
特に加齢や紫外線などによって日々減少していき、もともと肌に存在する天然の美容成分のコラーゲンが配合されているスキンケアや化粧品、そして美容サプリメントを外側から内側から補うと効果的です。