食べても飲んでもお肌に良い!?コラーゲンサプリメント

コラーゲンの役割

コラーゲンは若さを保つためには欠かせない成分という事は知っている人も多いと思います。
私も弾力のある肌を保つためには摂取しなければと思い、サプリメントや鶏手羽元などを煮込んで食べるようにしています。
このコラーゲンとは私達の身体の中に存在している成分であり、肌以外にも血管や骨などにも含まれています。
細胞と細胞を繋げる役割を持っており、他の組織を支えているのです。

皮膚のハリを支えるのもコラーゲン

また皮膚には全体の40%が含まれているため、どれだけ肌に重要な成分なのかがわかります。
しかし加齢と共に身体の中からどんどん減少していってしまうため、体外から取り入れて健康と美容を保っていく必要があるのです。
実は40歳になると半分にまで減少してしまうと言われています。

コラーゲンサプリメントの効果について

私はサプリメントや鶏肉など食べて取り入れるようにしていますが、コラーゲンは化粧品にも配合されています。
そのため食べるだけでなく肌からも摂取したほうが効果が高める事ができるのです。
私の摂取のしかたですが、ビタミンCを一緒に摂取すると生成する力を高めてくれる効果があると聞いたので、一緒に摂取するようにしています。

経口摂取でも効果はあるのかも

口から摂取してもほとんどが体内に吸収されないと聞いたことがあるので、なるべく高配合なサプリメントを飲むようにしています。
しかし1度高価なサプリメントを試しに飲んだことがあるのですが、次の日の朝になると肌がパンパンになっており、髪の毛もつるつるになっていたことがあります。
口から摂取しても効果はあるのではないかと私は感じました。
私には高価なサプリメントなのでここぞという時にだけ飲むようにしています。
しかしサプリメントにばかり頼らないように、運動したり身体を温めることによって代謝を促進させてターンオーバーを正常に戻し、低下を防ぐようにしています。